風俗店に綺麗な嬢がいた

癒し系は男の憧れかもしれない

癒し系風俗嬢とも言うべきIちゃんとの時間はとっても楽しいものになりました。彼女は穏やかというか、どこか天然というかマイペースというか(笑)だから喋っていても全然疲れないどころか、むしろ何度も楽しい気持ちになりました。シャワーを浴びつつ、あれだけ会話で笑ったのは初めてかもしれません。いつもの風俗だと、シャワーは決戦前の神聖な儀式だって思っていたんです。だからこちらが何をしたいのかを伝えつつ、最低限のコミュニケーションをって思っていたんですけど、彼女はコミュニケーションというか、打算の無い気持ちで向き合ってくれたんじゃないかなって。だからこっちもあれこれ考えず、とっても楽しい時間だなって思えたと思うんです。それに、喋っている時は穏やかな表情を見せてくれた彼女ですけど、感じている表情はそれまでとのギャップのおかげでこちらの興奮も相当なものになりましたからね。あの表情を見れただけでも自分の中では嬉しいものです。

ないものねだりは風俗にもあります

風俗の世界でもないものねだりはあると思いますよ。風俗嬢の問題と言うよりも自分の気持ちですね。だからか、自分の風俗のローテーションを見るとそれが浮かび上がってくるんですよ。巨乳と楽しんだ次の風俗は微乳なんです(笑)そしてその次は巨乳とか、ソープの次はピンサロで、更にその次はソープとか高級デリヘルだったりと、お金の使い方まで前回の風俗からのアンチテーゼになっているんですよね。だからなのか、風俗でマンネリを覚えたことは一度もないんですよ。毎回のように楽しませてもらえていますし、自分でも新鮮さが損なわれていないなって感じることも珍しくないので、自分なりにいろいろなことを考えつつ、風俗ってやっぱり楽しいものだなってことを思いながら楽しませてもらっている自分がいるんですよね。そういったことも含めて、風俗って本当に楽しいし、自分にいろいろな刺激をもたらしてくれるものだよなって感じているので辞められませんよ(笑)